ヒアルロン酸

ヒアルロン酸の基本情報

ヒアルロン酸に関する基本情報をお伝えいたします。

ヒアルロン酸の基本情報記事一覧

ヒアルロン酸の入ったサプリメントがいろいろと販売されています。ヒアルロン酸は体内で分解されてしまうので、サプリメントを飲んでも期待するような効果は得られないのでは?と疑問を持つ方も多いでしょう。製造、販売している会社は効果が高まるように吸収しやすい低分子ヒアルロン酸を利用するなど工夫をしています。高分子ヒアルロン酸は動物から抽出される天然のものでムコ多糖類の一種です。低分子ヒアルロン酸は乳酸菌や連...

美容に関心がある人に良く知られているヒアルロン酸とは、体内にある成分のひとつで保水性が高いことが特徴のものです。スキンケア商品や美肌をうたう化粧品によく配合されているものです。皮膚の表皮の下、真皮という部分に多く含まれるヒアルロン酸は、それが豊富にあることでハリのある美肌を維持することができます。また、皮膚は常に新しい皮膚を作り出していますが、それを行うための栄養を補給する役割を行っています。しか...

ヒアルロン酸とは、N-アセチルグルコサミンとグルクロン酸で構成された高分子物質になります。眼球の中のガラス体の成分として発見された粘度の高い成分で、皮膚や筋肉、軟骨を構成する主成分となり、細胞同士をくっつける働きがあり、非常に高い保湿性や水分保持力を持っている成分です。ヒアルロン酸は年齢によって減っていき、そのため年を重ねることによって膝の軟骨がスムーズに動かなくなったり、肌のハリなどがなくなって...

パソコンやスマホ、タブレットを長時間使う人に多いドライアイ。加齢によって涙の分泌量の減少、質の変化が起こりドライアイになる方もいます。ドライアイの治療には美容成分としても知られているヒアルロン酸の目薬を使うことがあります。ドライアイになると目が疲れる、乾燥する、ゴロゴロする、見えにくいなどの不快な症状が表れどことなく疲れた顔に見えてしまい見た目の印象も良くありません。早めに専門機関で治療を受けて改...

よく耳にすることのある成分ヒアルロン酸は体内において様々な働きをしている大切なものです。その保水能力は驚くべきもので、6リットルの水をたった1gで保水できるのです。しかし、体内での生産量は年齢が上がるにつれて下がってしまいます。20代くらいまでは100%に近いですが、30代になると一気に減り初め、40代では50パーセント以下にまで下がります。体内のヒアルロン酸量が減ることで体には様々な好ましくない...

乳液やクリームをつけないで化粧水だけを使用している人も多いのですが、ニキビなどの肌トラブルを防ぐためには保湿もしっかり行うことが大切です。肌を白くしたい人にオススメなのはヒアルロン酸の配合された美容液であり、さまざまなメーカーから販売されています。ちなみに、美容液を使ったからといって必ずしも肌が白くなるとは限りませんし、日頃から地道な日焼けの対策を行うことが重要です。また、日焼けをできるだけしない...

肌の乾燥に悩む多くの女性にとって、保湿性を高める効果のあるヒアルロン酸が大変な注目を集めています。しかし、顔に直接使用したり飲んだりするものであるため、安全性についてはしっかりと吟味することが必要です。ヒアルロン酸の中にも天然のものと人工的に製造したものがあります。人工のヒアルロン酸の中には、中耳炎や咽頭炎を引き起こす可能性のある、菌類の感染を引き起こすものがあるとも言われています。そのため、安全...

化粧品などに含まれるヒアルロン酸は、皮膚や筋肉、血管、軟骨などといった身体の各部位でで細胞と細胞とを繋ぎ合わせている物質であり、高い粘度を持っています。しかし加齢とともに減っていく成分であり、体内でその量が少なくなると皮膚の保水量や弾力がなくなり、たるみやしわができる他、身体のあちこちで色々な影響がでてきます。そのため化粧品などで補給するわけですが、人間はもちろん、動物の体内にも存在する成分ですの...

五十肩は正式な病名ではありません。中年期以降の方が直接の原因が思い当たらないのに肩の関節の動きが悪くなり痛みを伴う症状が出た時、医療機関を受診すると明らかな疾患が認められない場合、肩関節周囲炎と診断され、それを五十肩と呼ぶことが多くなっています。症状の表れ方は人それぞれで、肩が上がらなくなる、肩に違和感がある、寝ていると痛みを感じる、腕を後ろに回して行う動作ができないといったものがあります。一旦症...

歯科医院で口腔乾燥症と診断される方が増えています。口腔乾燥症はドライマウスとも呼ばれ、最近では専門外来までできている程です。唾液の分泌量が少なくなり口の中が乾いてしまうだけではなく、口臭やネバネバした感じ、舌の痛みなどの症状を訴える方もいます。中高年女性に多いとされていましたが、最近は若い患者さんも多いと言います。原因は、老化、ストレス、喫煙、口呼吸、疾患、他の疾患の影響、薬の副作用等であると考え...