膝の痛み 原因

甘くみてはいけないひざの痛みの原因は?

「ひざが痛い」という人がいますが、ひざの痛みの原因は、様々なものが考えられます。

 

膝の痛み スポーツ

たとえば、スポーツやけが、事故を原因とする痛み。
サッカーやラグビーなど、接触が多い競技や、
バスケットボールやバレーなどのジャンプ系の競技、短距離走やマラソンなどの陸上競技、
そのほかにもジョギングなどの運動は、下半身を酷使するため、膝への負担が大きく、
十分な休息をとらないままこのようなスポーツ運動や練習を続けることで、
ひざを使い過ぎて痛みが起きたり、事故やアクシデントなど突発的なけがでひざを痛めてしまうことがあります。

 

よく聞くのが、「半月板損傷」、「靭帯損傷」、「腸脛靭帯炎(ちょうけいじんたいえん)」、
膝蓋腱炎(しつがいけんえん)」、「オスグッド」などです。

 

 

また、スポーツをしていなくてもひざが痛むことはあります。
その場合のひざの痛みの原因は、加齢や日常的なひざの使用による骨の劣化などによるものです。
人間は、30歳を過ぎたころから徐々に骨や軟骨、筋肉などの体の組織が衰え始めます
膝は体重による負荷を分散して体のバランスをとるのに重要な役割があり、
重たい荷物を持った際などには最大で体重の10倍近くの負荷がかかる部位でもあります。

 

膝の痛み 老化

そのため、骨や軟骨の劣化が起こりやすく、老化によって関節の変形や破壊、
そして痛みがみられやすい箇所なのです。
中高年のひざの痛みの原因として最も多いのは、
膝関節の骨や軟骨がすり減ったり、
もろくなったりして変形する「変形性膝関節症(へんけいせいしつ(ひざ)かんせつしょう)」です。

 

 

ほかに、病気などによって起こるひざの痛みもあります。
たとえば、骨の表面にできる良性の腫瘍である「骨軟骨種」、
骨の内部に発生する両性の腫瘍である「内軟骨種(ないなんこつしゅ)」、骨にできる悪性腫瘍である「骨肉腫」、

 

全身の関節に炎症が広がって関節が壊れてしまう「関節リウマチ」などがあります。
また、患者の約9割が中高年の男性である「痛風」も、ひざの関節に激しい痛みがあります。

 

膝の痛み 原因

ひざは、体を支える大事な箇所なので、
痛みを感じたらなるべく早めに病院へ行くなどして対処する必要があります。
ひざが痛いのに無理して運動したり、重たい荷物を持つのはさらにひざを痛め、
悪化させることにもなりかねないので、絶対にやめましょう。

膝の痛みの原因はコレだった!|皇潤の口コミ&楽天アマゾン最安値通販特集関連ページ

冷えが原因で起こるひざの痛みを治す方法
これからの季節、冷えによるひざの痛みはとても辛いですよね。ここでは冷えによるひざの痛みを少しでも和らげる方法をお伝えします。
ひどい膝の痛みは手術で治す方法もあります!
ひどい膝の痛みは放っておけば重症化してしまうこともあります。場合によっては手術をした方が後々大変な思いをしなくても済むこともありますよ。
膝の痛みにはこんな原因があります!
膝の痛みと一言で言っても様々な原因があります。 ここでは膝の痛みの原因となる症状の名前をまとめました。
膝の痛みに効くサプリメント
辛い膝の痛みを緩和させるのに主流になりつつあるのが薬やサプリメントの服用です。慢性的な痛みを少しでも和らげるのに薬やサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。ここでは膝の痛みに効く薬やサプリメントについてお話します。
ひざの痛みには『グルコサミン』と『コンドロイチン』
膝の痛みにはグルコサミンとコンドロイチンが効くとよく耳にしますが、この二つはどのような成分でどのような効果あるのでしょうか。膝の痛みに効くといわれているグルコサミンとコンドロイチンについてまとめました。
栄養不足による膝の痛みにオススメの栄養は?!
膝の痛みは栄養不足・偏りが原因のこともあります。栄養不足による膝の痛みにおすすめの栄養についてお話します。
この膝の痛み、病院にいくべき?!
膝の痛みはすぐに痛みがおさまるケースもあり、病院に行くか迷ってしまいますよね。しかし、痛みが引いても病院で見てもらった方が良い場合もあります。膝の痛みで病院に行くべきかどうか迷ったらこちらを参考にしてみてください。
寒い季節の膝の痛みに簡単ストレッチ
秋も深まり、肌寒い日が続くようになりました。寒さが厳しくなるにつれて、膝の痛みも増していく方は多いと思います。寒い季節の膝の痛みを少しでも軽減する為の簡単なストレッチをお伝えします。