膝の痛み 栄養

ひざの痛みにおすすめの栄養

膝の痛み 栄養

 

ひざの痛みの中でも特に多くの人にみられるのが、
変形性膝関節症(へんけいせいしつ(ひざ)かんせつしょう)。
関節の痛みは、栄養不足からも起こりがちです。
骨が弱くなってしまうと、ひざに大きな負担がかかりますし、
筋肉はひざの屈伸運動のほか、衝撃から守る役割もあります。
また、関節は軟骨がすり減ってしまうことで痛みを生じます。

 

ひざの痛みにおすすめの栄養

 

 

カルシウム
骨を作るために必要な栄養です。
牛乳やヨーグルト、チーズなどの乳製品、サバやイワシ、干しエビなどの魚介類でできれば骨ごと食べられるものがおすすめです。
また、豆類や緑黄色野菜などにも含まれています。

 

ビタミンD・ビタミンK
カルシウムの吸収率を高めます。
ビタミンDは、しいたけやイワシ、しらす、鮭などに含まれており、ビタミンKは納豆やしそ、モロヘイヤ、わかめなどに含まれています。

 

リン・マンガン・カリウム
丈夫な骨を作るために必要なミネラルです。
リンは骨と歯の材料に使われ、マンガンで古くなった骨の細胞を壊して、
新しい骨の細胞を作り、カリウムはカルシウムの排泄を防ぎます。
しらすやイワシ、チーズ、ごまなどにはリンが豊富に含まれており、
生姜やしじみ、しそなどにはマンガン、ホウレンソウ、アボカド、昆布、ひじきなどにはカリウムが含まれます。

 

たんぱく質
筋肉を作るのに必要な栄養であり、必須アミノ酸を含む良質なたんぱく質の摂取がおすすめです。
牛・豚・鶏の肉類、牛乳やチーズなどの乳製品、サバやあじ、いわしなどの魚介類、豆類、卵には必須アミノ酸が豊富に含まれています。

 

ほかにも、粉末茶にはビタミンCが豊富に含まれていて、軟骨成分であるコラーゲンの生成に役立ち、
ひざの痛みの進行を早める活性酸素をとり除いてくれるカテキンも含まれています。
また、グルコサミンとコンドロイチンが含まれる桜えびもおすすめです。

 

膝の痛み 栄養不足

甘いお菓子や脂分の多い食事、アルコールはなるべく控え、
1日3食の食事をしっかりとり栄養が偏らないよう規則正しい食生活を送りましょう。

 

栄養不足による膝の痛みにオススメの栄養は?!|皇潤の口コミ&楽天アマゾン最安値通販特集関連ページ

冷えが原因で起こるひざの痛みを治す方法
これからの季節、冷えによるひざの痛みはとても辛いですよね。ここでは冷えによるひざの痛みを少しでも和らげる方法をお伝えします。
ひどい膝の痛みは手術で治す方法もあります!
ひどい膝の痛みは放っておけば重症化してしまうこともあります。場合によっては手術をした方が後々大変な思いをしなくても済むこともありますよ。
膝の痛みにはこんな原因があります!
膝の痛みと一言で言っても様々な原因があります。 ここでは膝の痛みの原因となる症状の名前をまとめました。
膝の痛みに効くサプリメント
辛い膝の痛みを緩和させるのに主流になりつつあるのが薬やサプリメントの服用です。慢性的な痛みを少しでも和らげるのに薬やサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。ここでは膝の痛みに効く薬やサプリメントについてお話します。
ひざの痛みには『グルコサミン』と『コンドロイチン』
膝の痛みにはグルコサミンとコンドロイチンが効くとよく耳にしますが、この二つはどのような成分でどのような効果あるのでしょうか。膝の痛みに効くといわれているグルコサミンとコンドロイチンについてまとめました。
この膝の痛み、病院にいくべき?!
膝の痛みはすぐに痛みがおさまるケースもあり、病院に行くか迷ってしまいますよね。しかし、痛みが引いても病院で見てもらった方が良い場合もあります。膝の痛みで病院に行くべきかどうか迷ったらこちらを参考にしてみてください。
寒い季節の膝の痛みに簡単ストレッチ
秋も深まり、肌寒い日が続くようになりました。寒さが厳しくなるにつれて、膝の痛みも増していく方は多いと思います。寒い季節の膝の痛みを少しでも軽減する為の簡単なストレッチをお伝えします。
膝の痛みの原因はコレだった!
膝の痛みにも色々ありますよね。「ただの膝の痛み」と軽視していませんか?ここでは様々な膝の痛みの原因についてまとめました。