膝の痛み グルコサミン コンドロイチン

『グルコサミン』と『コンドロイチン』って何!?

テレビや新聞などで”つら〜いひざの痛みに”とよく取り上げられている
『グルコサミン』と『コンドロイチン』は、ご存じの人も多いかと思います。

ひざの痛み グルコサミン

 

グルコサミンとコンドロイチンには、軟骨の再生を助ける働きがあるため、
ひざの痛みに効くサプリメントとして最近注目されています。

 

 

しかし、グルコサミンとコンドロイチンそれぞれにどのような働きがあり、
どの程度の効果があるのかはなかなかわかりずらいもの。

 

そこで、それぞれの効果について調べてみました。

 

 

 

グルコサミン

糖にアミノ酸が結びついた単糖類の一種。
コンドロイチンの構成成分でもあり、人の軟骨の成分の一つ。
エビやカニなどの甲殻類、貝の殻、動物の骨などに多く含まれます。

 

 

 <効果>
グルコサミンには、軽度のひざ関節の劣化や変形の痛みを和らげる効果があるとされていますが、
重症化した変形性膝関節症や慢性的なひざの痛みには効果がほとんどみられません。
また、すぐにすり減った軟骨を補修するような効果は期待できませんが、
ある論文では、グルコサミン1500mgを3年間内服し続けたところ、
ひざ関節軟骨が減少する割合、ひざ関節の痛み、ひざ関節機能が改善したという報告がされています。
ひざのレントゲンを撮り続けて測定した結果、
グルコサミン服用で軟骨の減少が5分の1まで改善したという報告もされています。
また、グルコサミンは、ヒアルロンさんを体内で作る働きを促進する作用があるため、
美肌効果や肌の老化を抑える働きもあります。

 

甲殻類アレルギーがある人は、グルコサミンの摂取には注意が必要です

 

 

コンドロイチン

コンドロイチンは多糖類であり、たんぱく質などと結びついて軟骨や皮膚、脳など様々な組織に存在しています。
グルコサミンと同じく、関節の軟骨に作用して軟骨細胞を活発にします。
コンドロイチンは、フカヒレや納豆、オクラなどに含まれているので、
食事で摂取することもできますが、かなりの量が必要なため、足りない分はサプリメントで補いましょう。

 

 

 <効果>
グルコサミンと同じように、変形性膝関節症の初期〜中期の痛みを和らげる作用があります。
グルコサミンとコンドロイチンは相互に影響しあうので、助け合って効果を発揮します。
というのも、グルコサミンによって軟骨が生成され、コンドロイチンは軟骨の修理役というような役割があるのです。

 

ひざの痛み コンドロイチン

 

ひざの痛みを緩和するためにグルコサミンとコンドロイチンを摂取する場合、
合計で1日1500mg以上の量が必要となるため、
食事からではかなり難しいため、サプリメントからの摂取を推奨します。

 

 

 

ひざの痛みには『グルコサミン』と『コンドロイチン』 |皇潤の口コミ&楽天アマゾン最安値通販特集関連ページ

冷えが原因で起こるひざの痛みを治す方法
これからの季節、冷えによるひざの痛みはとても辛いですよね。ここでは冷えによるひざの痛みを少しでも和らげる方法をお伝えします。
ひどい膝の痛みは手術で治す方法もあります!
ひどい膝の痛みは放っておけば重症化してしまうこともあります。場合によっては手術をした方が後々大変な思いをしなくても済むこともありますよ。
膝の痛みにはこんな原因があります!
膝の痛みと一言で言っても様々な原因があります。 ここでは膝の痛みの原因となる症状の名前をまとめました。
膝の痛みに効くサプリメント
辛い膝の痛みを緩和させるのに主流になりつつあるのが薬やサプリメントの服用です。慢性的な痛みを少しでも和らげるのに薬やサプリメントを活用してみてはいかがでしょうか。ここでは膝の痛みに効く薬やサプリメントについてお話します。
栄養不足による膝の痛みにオススメの栄養は?!
膝の痛みは栄養不足・偏りが原因のこともあります。栄養不足による膝の痛みにおすすめの栄養についてお話します。
この膝の痛み、病院にいくべき?!
膝の痛みはすぐに痛みがおさまるケースもあり、病院に行くか迷ってしまいますよね。しかし、痛みが引いても病院で見てもらった方が良い場合もあります。膝の痛みで病院に行くべきかどうか迷ったらこちらを参考にしてみてください。
寒い季節の膝の痛みに簡単ストレッチ
秋も深まり、肌寒い日が続くようになりました。寒さが厳しくなるにつれて、膝の痛みも増していく方は多いと思います。寒い季節の膝の痛みを少しでも軽減する為の簡単なストレッチをお伝えします。
膝の痛みの原因はコレだった!
膝の痛みにも色々ありますよね。「ただの膝の痛み」と軽視していませんか?ここでは様々な膝の痛みの原因についてまとめました。